予防接種

予防接種

予防接種 ヒトは、生後5ヶ月頃から病気にかかりやすくなると言われています。母体からもらっていた免疫が低下する一方で、赤ちゃん自身が作る免疫も少ない時期が重なり、病気にかかると重症化することもあります。
予防接種には、対象者と接種時期が定められた「定期接種」と、それ以外の「任意接種」があります。
特に定期接種は、必ず受けるようにしてください。加えて必要に応じて任意接種を受け、お子様の病気、重症化、合併症を予防しましょう。

定期接種

定期接種は、対象年齢内であれば無料です。
予防接種を受ける際には、予診票と母子健康手帳を忘れずにお持ちください。なお、保護者様以外の方がお子様の予防接種に付き添う場合には、保護者様からの委任状が必要になります。

種別 対象 接種回数・間隔
ヒブ ※ 生後2ヶ月~5歳の誕生日の前日まで 生後2ヶ月~7ヶ月に至るまでの間に接種開始の場合、初回27日以上の間隔をあけて3回接種、3回目終了後7ヶ月以上の間隔をあけて1回接種
小児肺炎球菌 ※ 生後2ヶ月~5歳の誕生日の前日まで 生後2ヶ月~7ヶ月に至るまでの間に接種開始の場合、初回27日以上の間隔をあけて3回接種、3回目終了後60日以上の間隔をあけて1歳以降に1回接種
B型肝炎 平成28年4月1日以降に生まれた人で、1歳の誕生日の前日まで(標準的には2ヶ月~9ヶ月) 初回27日以上の間隔をあけて2回接種、1回目から139日(20週後の同じ曜日)以上の間隔をあけて1回接種
四種混合(ジフテリア・破傷風・百日せき・ポリオ) 生後3ヶ月~7歳6ヶ月の前日まで 1期初回20日以上の間隔をあけて3回接種、3回目から約1年の間隔をあけて1回接種
二種混合(ジフテリア・破傷風) 11歳~13歳の誕生日の前日まで 1回接種。接種年齢になる頃に予診票が個別通知されます
BCG(結核) 1歳の誕生日の前日まで(標準的には5ヶ月から8ヶ月) 1回接種
麻しん(はしか)・風しん 1期:1歳~2歳の誕生日の前日まで
2期:小学校就学の前年の4月1日~翌年3月31日まで(幼稚園・保育所等の年長児)
1期・2期ともに1回接種
水痘(みずぼうそう) 1歳~3歳の誕生日の前日まで 1回接種後6ヶ月以上の間隔をあけて1回接種
日本脳炎 1期:3歳~7歳6ヶ月の前日まで
2期:9歳~13歳の誕生日の前日まで
1期:初回6日以上の間隔をあけて2回接種、2回目から約1年の間隔をあけて1回接種
2期:1回接種。接種年齢になる頃に予診票が個別通知されます
不活化ポリオ ※ 生後3ヶ月~7歳6ヶ月の前日まで 1期初回20日以上の間隔をあけて3回接種、3回目から約1年の間隔をあけて1回接種

※「ヒブ」「小児肺炎球菌」は接種開始年齢によって接種回数が変わります。詳細はご相談ください。
※「不活化ポリオ」は「四種混合」の接種を受けていれば接種の必要はありません。また、「経口生ポリオ」を2回接種した人は「不活化ポリオ」の接種を受けられません。

任意接種

種別 1回目接種 2回目以降の接種
ロタウイルス 生後6週~15週の間に1回目の接種。 1価:27日以上あけて2回目接種
5価:27日以上あけて2回目接種、そこから27日以上空けて3回目接種
おたふくかぜ 1歳~1歳3ヶ月の間に1回目接種が望ましい 1回目接種から数年後、5~7歳の間に2回目接種が望ましい
インフルエンザ 10月、11月頃に1回目接種 生後6ヶ月~12歳:1回目接種から2~4週間空けて2回目接種。
13歳以上:通常1回接種のみ
A型肝炎 1歳~60歳の間の任意の時期に1回目接種(特に海外渡航前) 1回目接種から2~4週間あけて2回目接種、そこから約半年後に3回目接種

インフルエンザワクチン

インフルエンザワクチン 毎年のようにニュースになり、ときに死亡に至ることもあるインフルエンザ。
ワクチンでの予防が可能です。

ワクチン接種のタイミング

インフルエンザワクチンは、接種後2~3週間で効果が現れます。
インフルエンザの平均的な流行時期を考えると、10月後半から11月半ばまでが、もっとも予防できる確率の高い接種のタイミングと言えます。

高齢者インフルエンザワクチン

高齢者インフルエンザワクチン 65歳以上の方々を対象にした調査によると、ワクチンを接種せずかつインフルエンザにかかった方のうち、4割以上の方が、ワクチンを接種していればインフルエンザにかからずに済んだ、とされています。
特に、体力・免疫力の低下している方は、一つでも多くの病気を予防しておくに越したことはありません。
また、手洗い、うがいを習慣づけ、バランスのとれた食事、十分な休養も大切にしましょう。

成人用肺炎球菌ワクチン

成人用肺炎球菌ワクチン 成人用肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による感染を防ぎ、肺炎の重症化を予防します。
特に以下のような方に、成人用肺炎球菌ワクチンの接種が推奨されています。

  • 65歳以上の方
  • 心筋梗塞、狭心症といった心臓疾患、喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)といった呼吸器疾患、糖尿病、腎臓病などの持病のお持ちの方
  • 脾臓を摘出された方
お問い合わせ TEL:072-432-2371 土日診療 診療時間
一番上に戻る
一番上に戻る
お問い合わせ TEL:072-432-2371 土日診療 診療時間